スポンサーサイト

  • 2007.09.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


最近ダイエットしてます

5月末から本格的にダイエットしています。

元々今年の始めに第一目標として『1ヶ月1kg、1年12kg』というのを掲げたんですが、3月以降パタッと止まりました。

だいたい、コンスタントに痩せるという地道かつ遠大な計画なんて達成できるはずがない訳で…。

膝や足首が痛くなり、ヤバいな…、と感じた5月のある日、ダイエット薬品を研究、製造している大学時代の友人と14年ぶりに会いました。

これぞ神のお導きと思い、一念発起して、ダイエットを決心しました。

その結果、2週間で4kg以上減、BMIも何年かぶりに30を切りました。一度『落ちない期』もありましたが今は順調です。おなかもかなりへこみ、『ぱびぃのおなか』のタイトルも変更しなくてはならないかも…。とにかく今回の目標までは残り2.6kg!というところまできました。

で、どんな風にしたのか?(なんかどっかのダイエット用品販売サイトの宣伝文句みたいやけど)。
1.寝る6時間前は食べない
2.主食はソバ。ただし天かすやかき揚げは×
3.食事前にはタクティGPという中性脂肪の吸収を妨げる薬(同級生にもらった)を飲む
4.食事中、食後は黒烏龍茶、空腹時はヘルシア
5.ソバ以外の場合、野菜か魚にする。肉、米、油は×。
6.酒は麦焼酎の烏龍茶割り。ビールは1杯、シャンパン、ワインは×。
7.毎日体重を計る。
→コレ結構大事です。減ると嬉しくて『もっと頑張ろう』と思えます。

食べる量を減らしたせいか、胃が小さくなったためか、あまり空腹を感じなくなりました。

元々グルメの僕にとって、食事制限や酒を控えるのはかなり苦痛です。
しかし体が重いのはもっとしんどいんで頑張っています。

単に体重を減らしてもなんなので、もう少し落ち着いたら水泳でもして引き締めたいなぁと思っています。

カレーについて

いつもいうように私、食いしん坊です。当然漫画美味しんぼは全巻持っています。

かの『美味しんぼ』はこう言っています。『日本の二大国民食はラーメンとカレーである』……確かに。…で僕自身は「黄レンジャー」ほどではないですがカレー派で、最低でも週2ペースで食べています。

そこで、今まで食べたカレーを勝手に紹介します。なお順位はインパクト順です。味はどれも素晴らしいので順位はつけられません。


【5位納豆カレー】
週2回は行くCoCo壱番屋で必ずトッピングするのは納豆。これに卵、ほうれん草、なすびなどを付けます。辛さと量は必ず「3辛400g」です。

【4位高級カレー】
ナビオにある有名カレー店のカレーで、まるでバーのような内装。もちろんルーとごはんは別々。まぁデート用にはいいです。

【3位グリーンカレー】
ご存じタイ料理の超激辛カレー。通常CoCo壱番屋の5辛以上です。一度家で作ったときに、本来入れるべきココナッツミルクを入れなかったので、天文学的辛さに。

【2位チキンカレー】
僕は根っからの関西人なのでカレーには牛肉と信じていました。
大学に入り、当時付き合っていた愛知県の女性が作ってくれたカレーを見てビックリ!なんとチキンが!手羽先やコーチンで有名な愛知県ではチキンだそうです。
ちなみに関東ではポークが普通なんだそうな…。

【1位ホワイトカレー】
2位に書いた女性と初めて京都二条のメキシコ料理屋に行ったときのこと。カレーがメニューにあるので頼んでみたら……なんと、白白白。ルーが白いんです。でも味はカレーそのもの。しかも美味しい。

その他、インド料理やネパール料理のカレー。一口にカレーと言ってもいろいろあります。そしてラーメンと比べて比較的簡単に作れることから、家庭ごとにもこだわりがあります。…で、

番外 我が家のカレー
基本的に肉は入れません。実家ではコンビーフをいれていました。実家のカレーに肉が入らないのは、肉を入れるとアクや油が出てしまうことと時間がかかるためらしいです。僕個人はとくにこだわらないのですが、習慣からか、やはり肉はあまり入れません。カツなどももちろん入れません。
その代わり野菜がやや多く入ります。ただし野菜といってもカレーの定番、ジャガイモ、にんじんは入れません。ジャガイモを入れるとどろどろになるからです。どろどろのカレーが好きな人はごめんなさい。代わりに入れるのは、炒めたなすび、ピーマン、赤ピーマン、また、最後の仕上げにはクルミを粉々にして入れます。まあ人それぞれですね。
ターメリックが入っていて、体にもよいカレー。今日もまたカレーかも。

飲食店にて

先日とあるカレー屋さん(有名なチェーン店です)でカレーを食べていたところ、不愉快なことがありました。そのときは8割以上お客さんが入っていて、やや狭い感じを受けました。
僕がカウンターに座ったところ、横にサラリーマンと思われる3人組が座っていました。すでに3人とも食べ終わっていたのですが、ずーっと話しているのです。
居酒屋や喫茶店ならいざ知らず、回転が大事な店にはたまりません。というより個人的にじゃまです。先輩風の人が真ん中にいていろいろ話しているのですが、そんなに話すなら喫茶店かバーでも行けばいいのに…と思ってしまいます。
現にお客さんは次々くるし、迷惑この上ありません。

そこで、飲食店で見てしまったこんな人〜〜
やたら食べるのが遅い人。
 どれだけ混んできてもおかまいなし。しっかりマイペース。早食いしろ!とは思いませんが、少しぐらい急いであげても…と思います。僕なんかは物凄く気にします。食べたら1分以内に勘定するぐらいです。ちなみに食べるのも早いです。
聞こえるように味に文句をいいながら食べる人
 文句があるなら行かなきゃいいやん。「こんなん、人間の食べるモンと違う」とか言われた日にゃ…。似たような話ですが、デートの食事中に、「これなら●●の店の△△の方がおいしい」と言われました。トホホ…でした。
回転ずしで、一度取ったものを戻す人
 とある友人が海苔巻きとり、中身を確認するために「手づかみ」で中を覗きました。その後「なんやきゅうりか」と言って、戻したのです。2度と食事に行かなくなりました。
食べ物で遊ぶ人
 食べ残したものをぐちゃぐちゃにして遊ぶ人がいます。何がしたいのかわかりません。
酔っ払い。
 多少はしょうがないですが…。かつてあるバーで女性2人の客が隣にいました。左側の女性はかなり酔っていました。その方が急に吐いたのです。しかもトイレや床ではなくカウンターに!……で、そこまではしかたありません。誰しも吐きたくて吐いたわけではありませんから。すごいのはこの後です。右側の女性(友人)が掃除をしながら店員さんにいうのです。「すいませんすいません。ところでこれ(自分のグラス)、おかわり下さい」……横で友人が吐いているのにまだ飲むんや…

自称、癒しのおなか、B級グルメを語る僕は、食事やその方法には気をつけたいと思います。

最近鍋料理をよく食べます

 ご存知の方も多いと思いますが、僕は本当によく食べます。
てなわけでまたまた食べ物の話ですが、最近よく「鍋料理」を食べます。

昔から鍋料理は好きですが、「てっちり」や「かに」など、メジャーかつ高級なものはあまり食べません。で、最近食べた鍋料理は…「台湾火鍋」「豆乳だしのしゃぶしゃぶ」「ちゃんこ」…
どれもおいしく、必ず満足し、幸せな気分になります。鍋ってすごいですよね。
そんな鍋のエピソードを2つ。

昨年の秋のこと、自社で研修合宿をし、夜は鍋をすることにしました。学生時代とは違い、多少はぜいたくなものを買うことができます。そこで、地鶏、タラ、鯛、蟹、あんこう、ふぐ、しゃぶしゃぶ用の牛肉、マツタケを買い込み、順番に入れて、ありとあらゆる鍋を堪能しました。
 はじめのうちは良かったのですが、だんだん味がにごります。淡白な味からはじめればよかったのですが、中盤にマツタケを入れてしまい、そこからが何を入れてもマツタケの香りが漂います。さらにはぞうすいも、味が混ざるというより、マツタケに覆われて、やや牛肉の香りがする程度です。マツタケ恐るべし!
それでも僕らは満足し、幸せな気分になりました。鍋ってすごいですよね。

学生時代、よく友達と鍋パーティーをしました。店で食べるよりこの方が安く、しかも大量にできます。「今日はちょっと奮発してぜいたくに!」と思い、タラ・えび・サーモンなどを多めに買い込みました。
さあ、友人宅に戻り、鍋の始まりです。昆布でダシをとり、魚・肉・野菜をいれます。そんなとき、ある提案が出ました。「どうせなら石狩鍋食べたいね〜」
みんな賛同し、急遽石狩鍋をすることにしました。ところが、石狩鍋の味噌の合わせ方がわかりません。そこでとりあえず「味噌汁の味噌」を入れました。
するとどうでしょう。あら不思議、石狩鍋に……のはずはなく、大きな大きな、そして具の多い味噌汁が出来上がりました。
それでも僕らは満足し、幸せな気分になりました。鍋ってすごいですよね。


辛い料理について(☆o☆)

僕は辛い料理には滅法強く、甘いものは全くダメです。とはいえ世の中には『火〜〜〜〜』って言うほど、ひー的な辛ウマ料理がたくさんありますね。ただただ辛いのはさておき美味しいのは…
韓国料理、四川料理、メキシコ料理、タイ料理、インド料理…。いくらでもでてきます。
僕が体験した中で印象的だったのは、韓国料理に使われる青唐辛子(ブッコッチ)。とにかく辛い。しかもタバスコのような加工物ではなく単なる植物なため、当たり外れがあるんです。
もし韓国料理や本格焼き肉を食べにいくなら一度試してみて下さい。大後悔間違いなしです。
ちなみにカプサイシン効果もあり辛い料理は一時流行りましたが、実は、人間はストレスがたまると辛いものが欲しくなるらしいです。たしかに最近温和なせいか、辛いものに弱くなったような…。


おなかすいた〜

タイトル「ぱぴぃのあなか」からもわかるとおり、僕はかなり「弾力性に富んだ」おなかを持っています。
以前にもお話したように、食べること・飲むことが大好きで、デザートを除いて、嫌いなものはありません。「衣1・食8・住1」ぐらいのウエイトを占めています。とはいえ、いわゆる高級グルメではないので、マツタケとかトリュフとかはよくわかりません。
健康上はよくないのですが、とにかく食べます。1日4食・5食は当たり前で、「朝は胃の調子が悪くって朝ごはんは食べないんです…」なんてことは絶対ありえません。また、風邪を引いても二日酔いでも口内炎ができてもガンガン食べます。あえて食べないときがあるとすれば、ゲームに熱中しているときか、失恋(っていくつやねん!)ぐらいですかね。
皆さんは朝起きてパンを何枚食べますか?僕の場合、若い頃は「6枚切りなら6枚」「8枚切りなら8枚」食べていました。今はさすがに無理ですが、1食で2人分弱(例えばコンビ二で普通の弁当とうどん)は食べます。
でも悪食ではありません。こう見えてかなりこだわっています。例えば安い居酒屋にいくなら+¥2,000だしてもうすこしおいしい店に行きます。素材が高級であってもその素材に比して安ければ、むしろ素材が本来安いはずなのに高いものを食べます。フグの安いモノより、アンコウの中で高いものを選びます。つまり「牛の尻尾より鶏の頭」です(食べるんじゃなくてことわざです)。
やすい、おいしい、飽きないという意味で僕が好きな食べ物は…
うどん(きつねを除く。甘いから)、とろろそば、カレーはもちろんのこと、
(中国広州の)小龍包、ビーフジャーキー(高槻では手作りが売られています)、回転すしの納豆(いかなっとう)、…キリがありません。
ちなみに僕が住んでいる大阪高槻は「ちょっぴりグルメ」な人には天国で、
手作りのビーフジャーキーやキムチが売られていますし、わさびを自分でおろすようなそば屋もあります。また、「牛のかす」をつかったうどんもあり、激激激ゲキ辛いラーメンもあります。おいしくするためのちょっとした工夫があふれています。さすが食の大阪。ちなみに名古屋名物の「名古屋コーチン」や「ひつまぶし」も好きで、たまに「コーチン」を食べるためだけに名古屋にいくほどです。
さあ、今日何を食べましょうか?



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM